学校の授業と質問の方法について

学校で使える質問術

学校の授業での質問方法

学校の授業の内容において、わからないなど理解できない時というのはだれにもあるものではないでしょうか。基本的にはその時にわからないなと感じた時点で先生に質問することが良いですが、みんなの前だと恥ずかしいと思ったり、この時間では質問しづらいと感じたり、質問をするタイミングが難しいと感じたら、授業が終了した時でも良いですが、学校での先生方は忙しく、例えば次のクラスへの準備などもあることから、このような場合は、職員室へ個人的に出向き、いまよろしいでしょうかと先生がいま忙しくないかどうかを確かめてから質問するという質問方法が良いでしょう。

学生の本文

授業が理解できない時の質問方法

学校の授業と言うのは、大勢の生徒と共に進めて行くことになるため、一人一人の理解が完全になるのを待ちながら進めるスタイルというのは取り辛いものです。生徒としてもわからないことがあった時に自分のせいで流れが止まってしまうことに抵抗感を覚えることもあるでしょう。学校での授業内容が理解できない時の質問方法として良いのは何かというと、休み時間中に先生に訊くことです。とは言え、これは先生の休み時間を割いてしまうことになりますし、周りの目が気になることもあるでしょう。そんな時に便利なのはノートに質問を書いて渡すことです。こうしたやり取りであれば、余裕のある時に対応してもらえますし、周りからも目立ちませんので便利です。

↑PAGE TOP